.wf-mplus1p { font-family: "Mplus 1p"; }

節約×米国株投資=セミリタイア

節約と米国株への投資でセミリタイアを目指すブログ

エポスゴールドカードのインビテーション条件・還元率

2017年から投資している30代の経済的自由太郎です。

 

エポスゴールドカードを皆さんは持っていますか?

「ある条件」を満たせば、年会費無料で持てるゴールドカードなので、結構お得だと考えています。

「ある条件」も比較的簡単ですし、還元率も比較的高いです。

そこで、エポスゴールドカードのインビテーション条件と還元率について、紹介します。

 

f:id:financial_independence00:20191029214736j:plain


 

 

1.エポスゴールドカードとは

年50万円以上の利用もしくはインビテーションされた場合に永年年会費無料で持てるゴールドカードです(条件を満たさない場合は年会費5,000円)。

年会費無料で持てるゴールドカードは「エポスゴールドカード」と「イオンゴールドカード」のみです。

エポスゴールドカードはステータスのみならず、ポイントのたまりやすさ、使い勝手としてもオススメです。

経済的自由太郎も所持しています。

f:id:financial_independence00:20191028222126j:plain

 

2.エポスゴールドカードのインビテーション条件

「イオンゴールドカード」と異なり、インビテーション条件を公開している訳ではありませんが、みんなが手に入れている条件をまとめてみると下記のようです。

インビテーション条件

(1)通常のエポスカードを年50万円以上利用する

(2)通常のエポスカードを「複数年」延滞なしで利用している状態で、年30万円以上利用する

経済的自由太郎は、(2)での入手でした。

エポスカード利用歴が約13年くらいで、入手前の直近数ヶ月で30万以上利用したら、インビテーションがきました。

そもそもエポスカードは学生の時にマルイによく言っていたので、割引を得るために入手しました。

学生時代にはクレジット機能はほぼ使っておらず、社会人になってから、ネット回線の料金支払いのためだけに使っていました。

2年前くらいにゴールドカードの存在を知り、年50万の利用を目指していたら、すぐにインビテーションがきて、「エポスゴールドカード」所持者になりました。

 

3.エポスゴールドカードの還元率

年100万円ぴったりの利用で、最大2.5%(25,000ポイント)になります。

100万円の内訳は基本還元率0.5%(5,000p)+選べるポイントアップショップでの利用1%(10,000p)+年100万円以上利用で10,000pのボーナスで、合計25,000ポイントです。

選べるポイントアップショップについては下の公式サイトをどうぞ。

選べるポイントアップショップ|クレジットカードはエポスカード

還元率にこだわるなら、年100万円ぴったり+選べるポイントアップショップでのみの利用が一番いいです。

ただ、現実難しいでしょうから、100万円くらいの利用でだいたい1.5〜2.5%の還元率になると考えておくといいでしょう。

還元率1.5%以上と言うとクレジットカードの中では破格で、利用者の多い楽天カードやヤフーカードで1%ですから、還元率の高さがわかると思います。

しかも、ポイントの利用先として「エポスプリペイドカードへのチャージ」にすると、VISAのクレジットカードが使えるところならどこでも利用でき、有効期限なしという使い勝手が素晴らしくいいです。

よって、経済的自由太郎のクレカ利用方針は、年100万円まではエポスゴールドカードを(楽天市場やヤフーショッピングを除く)で、その後は楽天カードかヤフーカードをです。

最近は、エポスゴールド以外では、楽天ペイとの連携がいい楽天カードをよく利用しています。

 

4.まとめ

インビテーション条件は「年50万円以上の利用」もしくは「複数年延滞なしで利用+年30万円以上の利用」です。

ポイントの還元率は100万円ぴったりの利用で1.5〜2.5%の還元率です。

経済的自由太郎的には非常にオススメなクレジットカードの1枚です。

インビテーションを受けるためにも通常のエポスカードを作っておきましょう。

通常のエポスカードはもちろん年会費無料です。

 

ポチしてもらえると非常に励みになります。 よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ