.wf-mplus1p { font-family: "Mplus 1p"; }

節約×米国株投資=セミリタイア

節約と米国株への投資でセミリタイアを目指すブログ

eMAXIS Slimシリーズのおすすめはどれ?【米国が一番】

2017年から投資をしている30代の経済的自由太郎です。

 

「eMAXIS Slimシリーズって結局どれをメインにすればいいの?」

「どれくらいのリターンが見込めるの?」

「コスト比較してよ」

そんなあなたのために今回はemaxis slimシリーズの中で「全世界株式(オール・カントリー」「先進国株式」「新興国株式」「日本株式(TOPIX)」「米国株式」について比較を行います。

投資信託選びの参考にして頂けたら幸いです。

 

 

1.結論

一番のおすすめは「米国株式」、次点を強いて挙げるなら「先進国株式(除く日本)」です。

「全世界株式(オール・カントリー)は1本にするのはおすすめしませんが、検討の余地あり。

「新興国株式」と「日本株式(TOPIX)」は1本にするのはありえないレベルでNG、ポートフォリオのごく一部にする分には許容というところです。

2.比較する指標

(1)投資指標

 何に連動しているかを表したものです。

 各投資信託の概要がこれでわかります。

(2)過去リターン

 未来のリターンはわかりませんが、過去の統計を参考にする事はできます。

 「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」です。

 ただし、eMAXIS Slimシリーズは日が浅いので、似たベンチマークの海外ETFの結果を用います。

 比較するのは積立結果・年率平均リターン・リスク・シャープレシオ・最大下げ率です。

(3)コスト

 いくらリターンがよくてもコストで持っていかれると実質資産増加は緩やかになります。

 信託報酬と実質コスト(出ているもの)を比較します。

(4)純資産高

 保有してても人気がないと打ち切りになったり、売りたいときに売れない状態になったりする可能性があります。

 そこで、純資産高を比較します。

3.比較

3-1.投資指標

f:id:financial_independence00:20190605211051p:plain

投資指標

ここは特に説明する事のものではありません。

投資信託名でもわかりますね。

3-2.過去リターン

3-2-1.積立投資結果

f:id:financial_independence00:20190605211342p:plain

積立投資結果

2009年から月5万円を各投資信託もしくは現金で積み立てた場合、2019年5月末次点でどの程度の資産になるかのシミュレーションです。

ホントはもっと長い期間にしたかったのですが、全世界株式の設定日が比較的浅いので、この結果になってしまいました。

最終的にはそれぞれ下記のようになります。

(1)全世界株式(オール・カントリー):約964万円

(2)先進国株式(除く日本):約1,014万円

(3)新興国株式:約737万円

(4)日本株式:約800万円

(5)米国株式:約1,216万円

(6)タンス預金(現金積立):約626万円

日本人の大半はタンス預金ですが、投資対象を少し間違えたとしたって(アクティブ運用だとNGだったかもしれないが)、タンス預金より投資をしていた方が増えていました。

この項目では「米国株式」がNo.1でした。

現金の約2倍、日本株式の約1.5倍です。

アベノミクスとか言っていますが、日本株式なんてこんなもんです。

3-2-2.年率平均リターン

f:id:financial_independence00:20190605211046p:plain

年率平均リターン

2009年から2019年までリターンを年率平均にすると上のグラフのようになります。

好景気と言われていたのに、日本低すぎます。

米国債券(BND)に投資していた方がリターンが大きいんじゃない?と思うほどの低さです。

リーマンショック後なので、ちょっと出来が良すぎますね。

本来はもっと少ないリターンを想定しておくべきでしょう。

3-2-3.リスク

f:id:financial_independence00:20190605211043p:plain

リスク(標準偏差)

リスクとは平均リターンからどれだけのブレ幅があるかです。

低い方がいいです。

ズバリ新興国をおすすめしにくい理由がここにあります。

リスクが高すぎます。

ここでも「米国株式」がNo.1です。

3-2-4.シャープレシオ

f:id:financial_independence00:20190605211041p:plain

シャープレシオ

シャープレシオとはリスクあたりのリターンがどれだけあるかです。

つまり、高ければローリスクハイリターン、低ければ、ハイリスクローリターンです。

ここでも日本の弱さが出ています。

新興国もいまいちですね。

新興国はリスクが高すぎるからです。

ここでも「米国株式」がNo.1です。

3-2-5.1ヶ月の最大下げ率

f:id:financial_independence00:20190605211125p:plain

1ヶ月の最大下げ率

この10年で1ヶ月に最大どれだけ下げたかを比較したグラフです。

1,000万円投資していたら、日本では125万、新興国にいたっては184万も一ヶ月で吹っ飛ぶ事になります。

ここでも「米国株式」がNo.1です。

3-2-6.1年での最大下げ率

f:id:financial_independence00:20190605211122p:plain

1年の最大下げ率

こちらは1年の最大下げ率です。

米国はクリスマス付近の暴落込みで-4.5%程度、日本は東日本大震災・民主党時代に-14.8%もの下げがありました。

ここでもNo.1は「米国株式」です。

3-3.コスト

3-3-1.信託報酬

f:id:financial_independence00:20190605211119p:plain

信託報酬

先進国株式(除く日本)の信託報酬がとても安いですね。

新興国株式はコントロールするのが難しいのか高めですね。

新興国株式のコストの高さが他の地域より高いのはどの投資信託・ETFでも同じような傾向です。

No.1は「先進国株式(除く日本)」です。

3-3-2.実質コスト

f:id:financial_independence00:20190605211117p:plain

実質コスト

投資信託には信託報酬以外にも隠れコストが存在します。

隠れコスト含めた実質コストが上のグラフです。

「全世界株式(オール・カントリー)」と「米国株式」は未発表です。

実質コスト込みだと「国内株式(TOPIX)」がNo.1です。

新興国株式の隠れコストが高すぎます。

ファンドにはがんばってもらう必要があります。

3-4.純資産高

f:id:financial_independence00:20190606193855p:plain

純資産高

圧倒的に「先進国株式(除く日本)」が人気です。

日本が人気なく、米国が人気です。

日本人としては悲しい現実です・・・

ただ、日本<米国の結果は経済的自由太郎も意外です。

投資を実施している人間はマネーリテラシーが高いので、きちんと調べた上で投資しているのですね。

このブログを読んでいるあなたは非常にマネーリテラシーが高いですから、一緒にがんばっていきましょう。

No.1は「先進国株式(除く日本)」です。

4.まとめ 

 

結局米国が一番!というのをただ並べただけの結果になってしまいました。

今回の記事で書いたリターンを今後も出し続けることは不可能だと思いますが、傾向としては同様のものになると信じています。

ですから、メインにすえるのは「米国株式」にすべきです。

念のため分散しておきたい人は「先進国株式(除く日本)」を。

新興国の成長にかけたい人は「全世界株式(オール・カントリー)」を。

間違っても「新興国株式」や「国内株式(TOPIX)」一本にすることは絶対にやめましょう。

とはいえ、未来は誰にもわからないので、今回の記事や色々調べた上で投資対象を決めるといいです。

結局投資は自己判断です。

 

がんばっていきましょう。

 

米国の長期リターンが知りたい方はこちらをどうぞ。

www.financial-independence001.com

さすがにこの10年レベルのリターンとまではいきませんが、素晴らしいリターンです。

 

新興国のリーマンショック前からのデータが知りたければこちら。

www.financial-independence001.com

 

経済的自由太郎が投資を始めた2017年には「emaxis Slim」シリーズのような低コストな商品はなかったので、現在は非常に恵まれている環境です。

始めるならなるべく早くがいいです。

米国ETFの購入、投資信託の購入に経済的自由太郎はSBI証券を使っています。

気になる方は↓をクリック 。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

 

 

ポチしてもらえると非常に励みになります。 よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村