.wf-mplus1p { font-family: "Mplus 1p"; }

節約×米国株投資=セミリタイア

節約と米国株への投資でセミリタイアを目指すブログ

米国ETFの「VOO」と東証で購入できる「1557」ではどちらが良いか? 検討してみました。

2017年から投資している30代の経済的自由太郎です。

 

S&P500指数に連動したETFを購入するのに大きく分けて2種類の方法があります。

①米国ETFを購入する(VOO、IVV、SPY)

②東京証券取引所の上場している米国ETFを購入する(1557)

「どちらの方がトクするのか?」

「どちらを買うべきなのか?」

悩んでいるあなたに今回はVOOと1557のコスト面での比較を行いました。

ちなみにVOO、IVV、SPYに対する比較はこちらを参照ください。

www.financial-independence001.com

 

 

 

1.経済的自由太郎の結論

コストパフォーマンスを考えると「1557」が良い。

(1557買付とVOO買付にかかる時間差が30分以上の場合)

20年で11万円程度の差でも大きいと感じるなら、VOOを購入すべき。 

2.計算結果

2-1.比較のための前提条件

◆米国ETF「VOO」

 ・月10万円をドル転し、購入する。

 ・ドル買い側のドル転は住信SBIネット銀行での外貨積立を想定して、

  1ドルあたり0.02円→18円かかるものとする。

 ・購入は最初の5年がNISA口座で買い付けるため、買付手数料0。それ以降は、5.4ドル=594円かかるものとする。

 ・経費率は0.03%で計算。

 ・トータルリターンを年率6.8%とし、キャピタルゲイン分は年率4.9%、分配金再投資分を1.9%とする。

 ・NISA口座の時は分配金1.9%に対し10%課税、一般口座時には分配金1.9%に対し25%の課税がかかる。

  →NISA買付時は年率6.58%、一般口座時には年率6.295%のリターンとして計算。

◆「1557」

 ・月10万円をそのまま購入に当てられる。

  →カブドットコム証券だとノーロードで購入可能。

 ・経費率は0.094%で計算。

 ・トータルリターンを年率6.8%とし、キャピタルゲイン分は年率4.9%、分配金再投資分を1.9%とする。

 ・NISA口座の時は分配金1.9%に対し10%課税、一般口座時には分配金1.9%に対し25%の課税がかかる。

  →NISA買付時は年率6.516%、一般口座では年率6.231%のリターンとして計算。

◆共通

 ・どちらも最後に課税されて現金化を想定する。

 ・積立期間を20年間とする。

 ・1ドル=110円とする。

 

2-2.結果

 

f:id:financial_independence00:20190529221103p:plain

「VOO」積立と「1557」積立の資産増加グラフ

f:id:financial_independence00:20190529221100p:plain

「VOO」積立と「1557」積立の資産差

最終的には、「VOO」が¥42,580,159、「1557」が¥42,472187となり、

税金支払い後は約11万円分VOOの資産額が多いです。

全期間でVOOの方が1557よりも資産額が大きいです。

 特に資産額が大きくなってくると、経費率の方が効いてくるということですね。

ただ、20年でこの程度の差だとかなり微妙ですね。年5,500円、月458円得します。

VOOと1557の買付時間差が30分以上かかるようならVOOはやめた方がいいでしょう。 

3.まとめ

・コストパフォーマンス的には「1557」の購入の方が良い。

 (1557買付とVOO買付に30分以上の差がある場合)

・少しでも資産額を増やしたい人は「VOO」購入。

ただし、下記の場合はこの限りではありませんので、そちらを重視する場合は別途検討ください。

・ドルを保有していたい。

・「1557」は出来高が少なくて心配。

・米国ETFが好き。

・米国ETFの買付時間が夜中なのが気に入らない。 

 

経済的自由太郎は、どちらかというと出来高が少なくて心配なので、買うならVOOかなと思います。

 

ちなみに「1557」の紹介は下記を参照してください。

www.financial-independence001.com

 

がんばっていきましょう。

 

「VOO」や「1557」を購入するなら、SBI証券がおすすめです。

気になる方は↓をクリック 。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

ポチしてもらえると非常に励みになります。 よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村