.wf-mplus1p { font-family: "Mplus 1p"; }

節約×米国株投資=セミリタイア

節約と米国株への投資でセミリタイアを目指すブログ

セクター戦略が実現できるETF ②VDC 生活必需品株にまるごと投資できる!

経済的自由太郎です。

 

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすに載っている市場平均に勝つ方法の一つとして、セクター戦略があります。 銘柄分析などを行わないといけないので、個別株で実践するのは大変だと思います。

そこで今回は生活必需品セクターに丸ごと投資できるVDCを紹介したいと思います。

 

VDCはバンガードという運用会社の商品です。VOOやVHTと同じ会社ですね。

正式名称は「バンガード・米国生活必需品セクターETF」です。

ベンチマーク

MSCI USインベスタブル・マーケット・生活必需品25/50インデックス

→米国の生活必需品・セクターの大型株、中型株、小型株に投資するインデックスです。

※ベンチマークとは目指す指標のことです

ファンド純資産額

46.2億米ドル    2019/3/31 現在

※値が大きければ、大きいほど投資家から購入されている

設定日

2004年1月26日

リーマンショック前からある商品です。VHTと同じです。

経費率

0.10%

今まで見てきた中では高めですね。日本の投資信託に比べれば激安です。

積立シミュレーション

初期に持っていた金額が1ドルで、2005年1月から2019年4月まで

(1ドル110円として、)毎月455ドル=約5万円積み立てた時、

資産額がどうなるかのバックテスト結果が下図です。

f:id:financial_independence00:20190510212410p:plain

VDCで投資した場合、171,614ドル=約1,888万円まで増えます。

IVVで投資した場合、181,907ドル=約2,001万円まで増えます。(VOOより設定日が長いのでIVVで比較)

ただ単に現金を積み立てていた場合は、約861万円です。

S&P500指数に連動したIVVに最終的には負けていますが、トランプラリーが始まる前まではかなり勝っています。

GAFAの好調、特にAmazonの影響が強く出ているのかもしれません。

年率平均リターンとリスクとベータ値

リスクは標準偏差のこと、ベータ値とは市場平均との相関係数のことです。

ベータ値=1が市場と全く同じ値動き、0が全く相関がない、-側が逆相関です。

f:id:financial_independence00:20190510212243p:plain

このETFの最大の特徴はこのリスクの低さで、非常にディフェンシブです。

やはり景気後退期でも生活必需品の売上低下は限定的であるのが大きいのでしょう。

ちなみにリーマンショック時の下落幅はVDC=-29.37%、VHT=-35.10%、IVV=-50.78%です。

これのレバレッジETFはないのでしょうか?

分配利回り

2.64%

現在、低迷しているため、分配利回りが高い状態です。

という事は買いなのかも?

構成比率トップ10と銘柄数

日本でも聞いた事ある企業が多いですね。

f:id:financial_independence00:20190510212237p:plain

 

銘柄数は91です。

ヘルスケアセクター内のグループ内訳

 

f:id:financial_independence00:20190510212232p:plain

 

まとめ 

このETFもおすすめです。今はやはりGAFAのリターンの良さに負けていますが、

これから来るであろう景気後退期に安心感を持って買い増しできるETFです。

今回のように景気がいいタイミングでは市場平均に負ける事が多く、

さすがに全突っ込みするのはリスクが高いので、ほどほどの配分でいれておくのが賢明です。

 

がんばっていきましょう。

 

 

株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド/ジェレミー・シーゲル/石川由美子
by カエレバ

 

ポチしてもらえると非常に励みになります。 よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村